2017.10.30 13:00

【球界ここだけの話(1074)】広陵高・中村を獲れなかった中日、編成担当は「これから先も捕手問題が続く」

【球界ここだけの話(1074)】

広陵高・中村を獲れなかった中日、編成担当は「これから先も捕手問題が続く」

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
中日が“外れ1位”で指名した最速157キロ右腕の鈴木博志(左)。森監督(右)の期待は大きい

中日が“外れ1位”で指名した最速157キロ右腕の鈴木博志(左)。森監督(右)の期待は大きい【拡大】

 捕手の補強を目指した中日は10月26日のドラフト会議で、夏の甲子園のヒーロー、中村奨成捕手(広陵高)を1位指名したが、広島との競合に敗れた。“外れ1位”で指名したのは、最速157キロ右腕、20歳の鈴木博志投手(ヤマハ)だった。

 森監督は「もう一人の1位候補を獲れた。抑えをやりたいと言うから、やらせます」と笑顔。中村は早くてもレギュラーに定着するのは2、3年先だろう。5位からの巻き返しを厳命されている現場のトップは正直、即戦力と期待できる投手がほしかったはずだ。

 だが、編成担当の1人は「これから先も捕手問題が続くことを考えると複雑だ」と漏らした。今季は捕手を固定できず、若手をみても“不動の捕手”になれるような人材はいない。しかし、捕手の人材難は中日だけに限ったことではない。今季、規定打席に到達した捕手は中村(ヤクルト)、小林(巨人)の2人だけで、パ・リーグはゼロ。

 今年のドラフトは清宮に7球団が競合したことが話題となったが、争奪戦に敗れたヤクルト、巨人、楽天が“外れ1位”で指名したのは、村上宗隆捕手(九州学院高)。このときも会場内で「えーっ」と、どよめきの声が起こった(ヤクルトが交渉権獲得)。中村は、夏の甲子園で大ブレークしたが、村上も強肩強打の捕手として注目を集めていた。球団首脳も「3年生になって甲子園には出場できなかったが、中村君と比べても甲乙つけ難い素材」と絶賛していた。中日の指名リストの上位に名前があった。

 阪神・矢野新2軍監督から以前、こんな話を聞いたことがある。

 「少年野球の監督さんは『最近の野球のうまい子は捕手をやりたがらない』と。プロ野球の人材難の原因は、ここにあるんですよ。捕手出身の僕としては寂しい。やりがいのあるポジションだと思うけど」

 10・26。森監督が「中村」の当たりくじを引いていれば…。そう言われないためにも鈴木の活躍を願うばかりだ。(三木建次)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 【球界ここだけの話(1074)】広陵高・中村を獲れなかった中日、編成担当は「これから先も捕手問題が続く」