2017.10.27 08:00(1/2ページ)

【小早川毅彦のベースボールカルテ】手に汗握る“100勝対決”ワールドシリーズ

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

手に汗握る“100勝対決”ワールドシリーズ

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ
キャッチボールで調整するドジャースのダルビッシュ=ロサンゼルス(共同)

キャッチボールで調整するドジャースのダルビッシュ=ロサンゼルス(共同)【拡大】

 日本シリーズよりひと足早く、米大リーグのワールドシリーズが開幕した。第1戦が行われた24日(日本時間25日)のロサンゼルスは、最高気温が40度近くまで上がったそうだ。日本ではセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)が悪天候に悩まされただけに、うらやましく思った。

 今年はレギュラーシーズンで100勝以上を挙げたチーム同士の対戦というのもワクワクする。第1戦はドジャースがカーショー、アストロズはカイケルと、いずれもサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)左腕の投げ合い。第2戦は手に汗を握る終盤の攻防だった。

 日本でもファンのワクワク感が表れたことがあった。ソフトバンクが日本シリーズ進出を決めたパ・リーグのCSファイナルステージ第5戦。先発オーダーの発表で「1番、センター、柳田」とアナウンスされると観客席から大歓声が上がり、球場がパッと明るくなったような気がした。やはり、スター選手がいると盛り上がる。

【続きを読む】

  • アストロズ戦の5回、ワールドシリーズに初登板したドジャース・前田=ロサンゼルス(USATODAY・ロイター)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【小早川毅彦のベースボールカルテ】手に汗握る“100勝対決”ワールドシリーズ