2017.10.25 05:02(1/2ページ)

宮台、東大ラス投!「ここまで成長できるとは思わなかった」/東京六大学

宮台、東大ラス投!「ここまで成長できるとは思わなかった」/東京六大学

大学生最後のマウンドで力投した宮台。26日はドラフト会議での指名を待つ(撮影・山田俊介)

大学生最後のマウンドで力投した宮台。26日はドラフト会議での指名を待つ(撮影・山田俊介)【拡大】

 東京六大学野球秋季リーグ第7週第2日(24日、神宮)2回戦2試合が行われ、明大は6-3で東大に勝ち、勝ち点を4として首位に立った。プロ注目の東大の左腕、宮台康平投手(4年)は六回から救援登板。4回5安打2失点で大学最後のマウンドを終えた。東大は40季連続の最下位が確定した。法大は延長十二回の末、立大と2-2で引き分けた。優勝争いは、28日からの早慶戦で慶大が1回戦から連勝すれば優勝、1敗すれば明大の優勝となる。

【続きを読む】

  • 6回、適時打を許し、悔しそうな表情の東大・宮台=神宮球場(撮影・山田俊介)
  • インタビュー終了後、帽子をとって一礼する東大・宮台=神宮球場(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 宮台、東大ラス投!「ここまで成長できるとは思わなかった」/東京六大学