2017.10.22 08:00

【佐野慈紀のピッカリ診断】阪神・藤浪、下半身安定で上半身ぶれず球の軌道改善

【佐野慈紀のピッカリ診断】

阪神・藤浪、下半身安定で上半身ぶれず球の軌道改善

特集:
藤浪晋太郎
雨天中止練習の阪神・藤浪=宮崎市・アイビースタジアム(撮影・林俊志)

雨天中止練習の阪神・藤浪=宮崎市・アイビースタジアム(撮影・林俊志)【拡大】

 今季の藤浪の下半身には厚みを感じなかった。太ももや臀部などは確かに大きくなっていたが、腰の横の筋肉が寂しく映った。まだ下半身を強化する余地はあるだろう。

 ランニングは古典的なメニューだが、だからこそ大切だ。股関節の可動域が広がり、左右のバランスを整えることができる。ダッシュをすれば体のキレも出る。下半身が安定することで上半身もぶれにくくなり、球の軌道も改善される。藤浪も走ることでよさを取り戻す可能性が高いだろう。

 今はトレーニング技術も発展した。私が現役の頃はひたすら股割りをさせられ、力士のように何度も四股を踏んだ。今の選手は手足も長く、古典的な練習をしなくてもパフォーマンスを発揮できる人も多い。ただ、最先端のトレーニングがすべての選手に有効かというと、そうでないこともある。

 藤浪は本来、細身で筋肉がつきにくい体質だと思う。一度、レトロな練習法を見直すのも手だ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【佐野慈紀のピッカリ診断】阪神・藤浪、下半身安定で上半身ぶれず球の軌道改善