2017.10.22 05:03

“4割男”日本ハム・近藤に西武・山川が弟子入り「新しいものを盗みたい」

“4割男”日本ハム・近藤に西武・山川が弟子入り「新しいものを盗みたい」

 野球日本代表「侍ジャパン」入りした西武・山川穂高内野手(25)が21日、同代表でチームメートとなる日本ハム・近藤健介捕手(24)から、貪欲に技術を吸収する考えを明かした。

 「一番は勝利に貢献すること。いろいろな選手がいるので新しいものを一つでも多く盗みたい」

 チームの今季終戦から5日。山川の目はすでにプロでは初となる日本代表戦(11月16日開幕、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017)に向いていた。オーバーエージ枠で選出され、稲葉監督から打線の軸に指名されている大砲は気になる男の存在を口にした。

 「日本ハムの近藤くん。あれだけ打つのは何かあると思う」。ターゲットに定めたのは2学年下で自身とは異なる巧打者タイプの近藤。6月末に腰部椎間板ヘルニアの手術を受ける前まで絶好調で、プロ野球史上初の4割バッター誕生か!?と騒がれた男だ。

 シーズン中も近藤が出塁するたびに一塁で「どうやって打っているの?」と、声を掛けていた山川だが、今回は「バッティングの極意を聞いてみたい」。この日は「みやざきフェニックス・リーグ」出場のため、羽田空港から出発。侍での戦いを前に牙を研ぐ。 (花里雄太)

代表メンバーへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. “4割男”日本ハム・近藤に西武・山川が弟子入り「新しいものを盗みたい」