2017.10.20 05:00

【絆トーク】原前監督がペルーで伝える野球への情熱

【絆トーク】

原前監督がペルーで伝える野球への情熱

 言葉の力強さは健在だった。前巨人監督の原辰徳氏が、11月にペルーで野球教室を行うことが発表された。ペルー日系人協会の設立100周年を記念したもので、会見では「家で自主トレをして、柵越えの1本でも打ってきたいと思っています」と実技披露も予告した。

 ペルーは南米で初めて日本人の集団移住を受け入れた国。現地で伝えたいことを聞かれた原氏は「分かった時には『ハイ』という。『ハイ』という言葉を(現地に)残してきたい」と意欲を示した。「いい形で種をまき、芽が出て、花が咲く状況になればいい」。野球への情熱は、国境も言葉の壁も越える。 (巨人担当・長崎右)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球その他
  4. 【絆トーク】原前監督がペルーで伝える野球への情熱