2017.10.13 05:02

日本ハム・大谷の右かかと手術終了 2-3週間で退院、全力プレーまでは3カ月

日本ハム・大谷の右かかと手術終了 2-3週間で退院、全力プレーまでは3カ月

特集:
大谷翔平
日本ハム・大谷

日本ハム・大谷【拡大】

 日本ハムは12日、大谷翔平投手(23)が東京都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受け、無事に終了したことを発表した。

 大谷は昨秋の日本シリーズや日本代表の強化試合から右足首痛を発症していた。今後は2-3週間の入院が予定されており、病院内でリハビリを開始。退院後は千葉・鎌ケ谷市の2軍施設でもリハビリや練習を行う。球団によると、3カ月後の来年1月中には投打を含め、制限なくプレーできるようになるという。

 今オフにポスティングシステムを利用して、米大リーグに挑戦することが濃厚となっているが、大谷は「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため」に痛みと懸念の払拭を最優先。“完全体”で新シーズンを迎える。

  • 右足の三角骨
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・大谷の右かかと手術終了 2-3週間で退院、全力プレーまでは3カ月