2017.10.12 15:28

阪神・石崎、侍ジャパン入り「ユニホームは変わりますが、やることは同じ」

特集:
侍ジャパン
侍ジャパンに選出された阪神・石崎

侍ジャパンに選出された阪神・石崎【拡大】

 阪神・石崎剛投手(27)が12日、今年新設された国際大会「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16-19日、東京ドーム)の出場メンバー25人に選出され「すごく光栄。期待に応えたい」と力を込めた。

 今季は26試合に登板し1勝1敗、防御率1・17と好成績を残しており、150キロ後半の直球を武器に虎の強力リリーフ陣の一角を占めるまでに成長を遂げている。

 稲葉篤紀監督(45)の初陣となる今大会へ、プロ3年目にして選出された27歳の右腕は「(阪神と)ユニホームは変わりますが、やることは同じ。意識を変えずにやりたい」と腕をぶした。

 稲葉ジャパンの初陣に向けた選手の参加資格は24歳以下、または入団3年目以内。さらにオーバーエージ枠として3選手が参加可能。

代表メンバーへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・石崎、侍ジャパン入り「ユニホームは変わりますが、やることは同じ」