2017.10.12 18:31

韓国は東京五輪見据えてOA枠使わず 台湾は巨人・陽ら好打者擁する

韓国は東京五輪見据えてOA枠使わず 台湾は巨人・陽ら好打者擁する

『ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017』の会見を行った稲葉篤紀日本代表監督=港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・荒木孝雄)

『ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017』の会見を行った稲葉篤紀日本代表監督=港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 野球日本代表の稲葉監督の初采配となる国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日、東京ドーム)のメンバーが12日に発表され、DeNAの山崎康や巨人の田口ら25人が選出された。稲葉監督は東京都内で記者会見し「開催国として負けるわけにはいかない。アジアのライバルに日本の強さを見せたい」と意気込んだ。

 記者会見には韓国の宣銅烈監督、台湾の洪一中監督も出席し、健闘を誓い合った。韓国は2020年東京五輪を見据え、オーバーエージ枠を使わずにチームを編成。中日で抑えとして活躍した宣監督は「この中から5人以上は五輪メンバーに入るのでは」と若手の成長に期待を寄せた。

 台湾はオーバーエージ枠の陽岱鋼(巨人)や、台湾プロ野球で2年連続打率4割を記録した王柏融ら好打者を擁する。洪監督は「持ち味は攻撃力。日本の投手陣を研究して対応策を探りたい」と意気込んだ。

侍J代表メンバーへ

  • 『ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017』の会見を行った出場チームの(左から)稲葉篤紀日本代表監督、洪一中チャイニーズ・タイペイ代表監督、宣銅烈韓国代表監督=港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・荒木孝雄)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 韓国は東京五輪見据えてOA枠使わず 台湾は巨人・陽ら好打者擁する