2017.10.11 05:02

燕ドラフト候補に専大の“サブマリン”高橋が浮上!東都2部で1失点完投

燕ドラフト候補に専大の“サブマリン”高橋が浮上!東都2部で1失点完投

特集:
2017ドラフト情報
プロ注目の下手投げ右腕、専大・高橋礼投手は、青学大1回戦で1失点完投勝ち(撮影・赤堀宏幸)

プロ注目の下手投げ右腕、専大・高橋礼投手は、青学大1回戦で1失点完投勝ち(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球・専大の下手投げ右腕・高橋礼投手(4年、専大松戸)が10日、秋季2部リーグの青学大1回戦(相模原)に1失点完投で、5-1での勝利に貢献した。プロ8球団に視察され、26日のドラフト会議に向けて評価が高まってきた。

 高橋が5安打1失点、10三振を奪って完投勝ち。「かなり“ため”ができて、球もいく(走る)ようになってきた。カーブもスッと投げるんじゃなくて、最後に『切る』感じでやっている」と手応えをにじませた。

 春は1部最下位。2部1位の立正大との入れ替え戦に敗れた後、フォーム修正に取り組んだ。突っ込む癖をなくし、右半身を軸にするイメージに変えた。球速は2年時に出た最速141キロ近くまで戻り、この日も最速137キロを計測した。

 10球団が26日のドラフト会議に向けた調査書記入を依頼済み。視察したヤクルト・橿渕スカウト部デスクは「ウチは宮本(賢治)、高津(臣吾)と東都出身で活躍したアンダースローがいる。調子が戻ってきたし、楽しみ」と評価した。

 力士のように股割りをすれば、あごが床につく柔軟性を持つサブマリン。今秋のドラフトで注目の存在になりそうだ。 (赤堀宏幸)

  • プロ注目の下手投げ右腕、専大・高橋礼投手は、青学大1回戦で1失点完投勝ち、クールダウンは上手から?(撮影・赤堀宏幸)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 燕ドラフト候補に専大の“サブマリン”高橋が浮上!東都2部で1失点完投