2017.10.10 05:02

扇の要がチームの要!ヤクルト・中村、新選手会長就任へ

扇の要がチームの要!ヤクルト・中村、新選手会長就任へ

正捕手・中村が、選手会長としてもチームの中心になる

正捕手・中村が、選手会長としてもチームの中心になる【拡大】

 ヤクルトの来季の選手会長に、今季副会長を務めた中村悠平捕手(27)が就く予定であることが9日、分かった。2016年から2年間務めてきた川端慎吾内野手(29)のあとを継ぎ、正式には11月23日のファン感謝デーで発表される予定だ。

 「自覚を持ってやらないといけないし、成績とかでも引っ張らないといけない。自分がしっかりしなきゃいけないと、人一倍思ってすべてに取り組まないといけない」

 中村は決意を口にした。今季、チームは3年ぶりの最下位で球団ワースト記録を更新するシーズン96敗(45勝2分け)を喫した。3年間指揮を執った真中満氏(46)が退任し、小川淳司監督(60)の再登板が決定。巻き返しを図るため、中村が先頭に立って選手をまとめる。

 2年間務めた川端は今季、椎間板ヘルニアの手術などで、プロ入り初の1軍出場なし。川端が復活に向けたリハビリや練習に集中できる環境も整えた。また、秋吉、小川の両副会長は留任し、新しく荒木貴裕内野手(30)が副会長に就く予定だ。

中村 悠平(なかむら・ゆうへい)

 1990(平成2)年6月17日生まれ、27歳。福井県出身。福井商高では1年秋から正捕手で、2年夏、3年夏の甲子園に出場した。2009年ドラフト3位でヤクルトに入団。15年は正捕手として、チームを14年ぶりのセ・リーグ制覇に導き、ベストナイン、ゴールデングラブ賞に輝いた。今季成績は127試合に出場、打率・243、4本塁打、34打点。通算成績は664試合に出場、打率・240、19本塁打、185打点。1メートル76、83キロ。右投げ右打ち。既婚。年俸5100万円。背番号52。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 扇の要がチームの要!ヤクルト・中村、新選手会長就任へ