2017.10.9 19:48

大阪桐蔭・徳山は大学からプロ目指す考え「4年間で力をつけたい」/国体

大阪桐蔭・徳山は大学からプロ目指す考え「4年間で力をつけたい」/国体

花咲徳栄を破り喜ぶ大阪桐蔭ナイン=愛媛県松山市・坊っちゃんスタジアム(撮影・林俊志)

花咲徳栄を破り喜ぶ大阪桐蔭ナイン=愛媛県松山市・坊っちゃんスタジアム(撮影・林俊志)【拡大】

 国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第10日は9日、松山市の愛媛県武道館などで17競技が行われ、高校野球硬式の大阪桐蔭は、先発徳山が6回6失点と苦しい投球を強いられ、頂点には届かなかった。春の選抜大会優勝の立役者は「体がばてていた。初戦も5回を投げるのが精いっぱいで、力不足を感じた」と悔しげに振り返った。

 U-18(18歳以下)ワールドカップでも活躍したが、大学に進学してプロ入りを目指す考えだ。右腕は「よりレベルが高くなる。プロに行けるように4年間で力をつけたい」と語った。

試合結果へ

  • 7回、右前へ適時打を放った大阪桐蔭・藤原恭大=愛媛県松山市・坊っちゃんスタジアム(撮影・林俊志)
  • 7回、右前適時打を放った大阪桐蔭・藤原=坊っちゃんスタジアム(撮影・林俊志)
  • 花咲徳栄戦に先発し、6回1失点と好投した大阪桐蔭・柿木=松山中央公園野球場
  • 1回、先制の中前2点適時打を放った大阪桐蔭・岩本=坊っちゃんスタジアム(撮影・林俊志)
  • 先発の大阪桐蔭・根尾=坊っちゃんスタジアム(撮影・林俊志)
  • 合終了後、大阪桐蔭・徳山(1)と笑顔で言葉を交わす広陵・中村(中央)=松山中央公園野球場
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 大阪桐蔭・徳山は大学からプロ目指す考え「4年間で力をつけたい」/国体