2017.10.7 19:03

慶大・岩見が4戦連発、東大・宮台は完投で2勝目/東京六大学

慶大・岩見が4戦連発、東大・宮台は完投で2勝目/東京六大学

延長十回、明大を破りナインとともに喜ぶ慶大の岩見雅紀(右から3人目)=神宮球場(撮影・佐藤雄彦)

延長十回、明大を破りナインとともに喜ぶ慶大の岩見雅紀(右から3人目)=神宮球場(撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 東京六大学野球リーグ第5週第1日は7日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、慶大が延長十回の末に明大を5-4で下し、東大は9-2で法大を破った。慶大の岩見は七回に4試合連続となる5号ソロを放ち、連続試合本塁打のリーグ記録に並んだ。東大は3-0の五回に宮台の適時打などで5点を奪った。宮台は完投で今季2勝目。

 4試合連続本塁打は2015年秋に慶大の横尾俊建(現日本ハム)がマークして以来で4人目。岩見は春秋合計10本塁打で年間最多記録まであと1となった。通算は19本で4位タイとなり、高橋由伸(慶大、現巨人監督)が持つ最多記録の23本まであと4とした。東大は8日の2回戦で2002年秋以来の勝ち点が懸かる。

試合結果へ試合日程へ

  • 先発の東大・宮台=神宮球場(撮影・佐藤雄彦)
  • 8回裏、力投する東大・宮台康平=神宮球場(撮影・佐藤雄彦)
  • 5回表、宮台の左への適時二塁打で本塁に生還する東大・三鍋=神宮球場(撮影・佐藤雄彦)
  • 3回表、右前適時打を打つ東大・山田=神宮球場(撮影・佐藤雄彦)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 慶大・岩見が4戦連発、東大・宮台は完投で2勝目/東京六大学