2017.10.7 05:03(3/3ページ)

阪神、CSローテ再編!能見でファーストS開幕浮上&メッセ2戦目へ

阪神、CSローテ再編!能見でファーストS開幕浮上&メッセ2戦目へ

キャッチボールする阪神・能見=甲子園球場(撮影・松永渉平)

キャッチボールする阪神・能見=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 しかも鉄腕とはいえ、変則的な中2日が7年前に一度あるだけで、中3日は日本では経験がない。中4日も昨年5月以来していないだけに、さすがに無理がある。1試合ずらし、15日の2戦目に回ることが濃厚だ。

 そこで能見が1戦目に浮上してくる。今季は援護にも恵まれず6勝(6敗)止まりも、開幕からローテを守った。しかも対DeNAは3試合1勝0敗、防御率2・14。12勝の秋山(対DeNA防御率5・48)より相性がよく、金本監督が3日に話した“相性重視ローテ”にも当てはまる。経験豊富なベテランに試合を作ってもらい、強力中継ぎ陣を早めにつぎ込んで押し切れれば理想的だ。

 メッセンジャーは午後4時15分に中止が決まるとブルペンへ直行。「実はきのう(5日)ちょっと監督と話をして(6日が)雨で中止になった場合は10日と決めていただいていた。ありがたいです」と、すでに前日の段階で10日登板が内定していたことを明かした。

 もちろん2戦目になったとしても中4日と短い間隔には変わりないが、助っ人は「(10日に登板してもCSは)モンダイナイ!(問題ない)」と日本語で断言した。雨のいたずらで変更濃厚なCSローテだが、左右のベテランが、下克上日本一への道を切り開く。

データBOX

 ◎…メッセンジャーは2010年9月8日の中日戦(スカイマーク)で1回1/3を5失点で降板した後、中2日でヤクルト戦(甲子園)に先発。7回0失点と好投した例があるが、先発転向後、中3日は過去にない
 ◎…中4日は通算23度あるが、昨年5月22日の広島戦(甲子園、3回1/3を7失点)が最後

  • CS初戦の先発に浮上した能見(撮影・村本聡)
  • メッセンジャーは2戦目への変更が濃厚だ
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、CSローテ再編!能見でファーストS開幕浮上&メッセ2戦目へ