2017.10.6 12:07

巨人・松本、引退表明「2軍暮らしが続いていたのが一番の決め手」

巨人・松本、引退表明「2軍暮らしが続いていたのが一番の決め手」

特集:
移籍・退団・引退
引退会見を終え、球団職員から受け取った花束を手にする巨人・松本=東京・大手町の球団事務所(撮影・戸加里真司)

引退会見を終え、球団職員から受け取った花束を手にする巨人・松本=東京・大手町の球団事務所(撮影・戸加里真司) 【拡大】

 巨人の松本哲也外野手(33)が6日、東京都内の球団事務所で記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。育成選手出身で2009年に新人王とゴールデングラブ賞に輝いたが、今季は1軍での出場がなく「2軍暮らしが続いていたのが一番の決め手」と語った。

 山梨学院大付高から専大を経て07年に育成ドラフト3位で入団。ダイビングキャッチなど、思い切りのいいプレーが持ち味で「僕はみんなより体も小さい。全力でやっていかないと生き抜いていけないと思っていた」と振り返った。

 7日に宮崎市で行われるファーム日本選手権が現役最後の試合になる。今後については「球団と話しながら、ゆっくり決めていきたい」と話した。プロ11年間の通算成績は591試合に出場して打率2割6分3厘、57打点、65盗塁。

移籍・退団選手一覧へ

  • 引退会見を終え、球団職員から受け取った花束を手に記念撮影に応じる巨人・松本=東京・大手町の球団事務所(撮影・戸加里真司)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・松本、引退表明「2軍暮らしが続いていたのが一番の決め手」