2017.10.6 14:50

金村義明氏、大谷のメジャー二刀流は「厳しい。体が持ちませんよ」

金村義明氏、大谷のメジャー二刀流は「厳しい。体が持ちませんよ」

特集:
大谷翔平
金村義明氏

金村義明氏【拡大】

 プロ野球解説者、金村義明氏(54)が5日、木曜レギュラーを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・0)に出演。今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦することが濃厚な日本ハムの大谷翔平投手(23)に言及した。

 日本ハムは4日、オリックス最終戦(札幌ドーム)に3-0で勝ち、今季の本拠地最終戦を白星で飾った。大谷は、パ・リーグ史上初となる「4番・投手」で先発出場し、9回2安打無失点で今季初完封となる3勝目を挙げ、打っては四回に中前打を放った。

 これを受けて、金村氏は「昨日がラスト登板でしょうね。4番ピッチャーで完封ですからすごい」と大谷を評価。「噂しか知りませんけど」と前置きした上で、「(メジャーに)行くことは、ほぼ間違いない」と語った。

 しかし、メジャーでの投打二刀流については「厳しいと思いますよ。(ヤンキース守護神の)チャプマンのボールとか見たらエグいですよ。大谷どころの騒ぎやないですよ。あれぐらいのボールがバンバン行き交うところでやってたら、体が持ちませんよ。(投手か打者かどちらか)ひとつにしないと」と持論を展開。「ピッチャーでしょう。160キロ投げるんですから」とメジャーでは投手に専念すべきとの考えを示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 金村義明氏、大谷のメジャー二刀流は「厳しい。体が持ちませんよ」