2017.10.4 05:01

西武・炭谷、新人時代以来のマルチ弾で雄星援護!辻監督「あっぱれ」

西武・炭谷、新人時代以来のマルチ弾で雄星援護!辻監督「あっぱれ」

8回、2点本塁打を放った西武・炭谷=メットライフドーム(撮影・中井誠)

8回、2点本塁打を放った西武・炭谷=メットライフドーム(撮影・中井誠)【拡大】

 (パ・リーグ、西武10-3楽天、25回戦、西武16勝8敗1分、3日、メットライフ)7試合ぶりにスタメンマスクをかぶった炭谷が、先制弾を含む1試合2発でエースを援護。ルーキーイヤーの2006年3月29日のソフトバンク戦以来となる“複数弾”に、「雄星の調子があまり良くなかったので、早めに点を取りたかった」と笑顔を見せた。辻監督も「投手の兼ね合いでスタメンが遠ざかっていたが、いい活躍。あっぱれだね」と効果的な2発をたたえた。

試合結果へ

  • 8回、2点本塁打を放つ西武・炭谷=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 2回、左本塁打で先制しベンチ前で先発・菊池(左)らとタッチをする西武・炭谷=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
  • 2回、左本塁打で先制する西武・炭谷=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・炭谷、新人時代以来のマルチ弾で雄星援護!辻監督「あっぱれ」