2017.10.4 21:39

オリ・金子、大谷との六回の対戦で直球勝負「もしかしたら最後になるかも…」

オリ・金子、大谷との六回の対戦で直球勝負「もしかしたら最後になるかも…」

4回、日本ハムに先制点を許したオリックス・金子=札幌ドーム(撮影・高橋茂夫)

4回、日本ハムに先制点を許したオリックス・金子=札幌ドーム(撮影・高橋茂夫)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム3-0オリックス、25回戦、オリックス13勝12敗、4日、札幌D)オリックスの金子は完投で8敗目を喫した。唯一、失点した四回は一死満塁で、大田に高めに浮いた変化球を走者一掃の二塁打とされ「勝てなかったのが一番」と悔しさをにじませた。

 今季終了後に米大リーグ挑戦の意思を固めている大谷に投げ負け、打席での勝負でも四回には強烈な中前打を浴びた。だが六回の対戦では「もしかしたら最後になるかもしれない。変にかわして打たれるなら、思い切って投げて打たれた方がいい」と6球全て直球で勝負し、二ゴロに仕留める意地も見せた。

福良監督(零敗に)「ちょっと工夫しないと駄目。走者が出たらチャンスがあるかなと思ったが、そういうチャンスがなかなか無かった」

岡崎(プロ初先発は3打数無安打に終わるも)「(中飛だった)2打席目はいい形で打てたので、自信にしてやっていきたい」

試合結果へ

  • 日本ハム戦に先発したオリックス・金子=札幌ドーム
  • 先発のオリックス・金子=札幌ドーム(撮影・高橋茂夫)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・金子、大谷との六回の対戦で直球勝負「もしかしたら最後になるかも…」