2017.10.3 15:46

立正大の捕手・小畑、バットで貢献「何とかしてやりたかった」/東都

立正大の捕手・小畑、バットで貢献「何とかしてやりたかった」/東都

 東都大学野球秋季リーグ第5週第1日(3日、亜大3-5立正大、神宮)立正大の捕手小畑がバットで貢献した。八回に勝ち越しの右中間二塁打を放って、中大戦の本塁打以来となる2打点目を挙げ「投手が頑張っていたので何とかしてやりたかった」と女房役らしいコメントで振り返った。

 8月のユニバーシアードでは正捕手。初めての1部戦では投手陣のリードに神経を使い、打撃に専念できていないようだが「ここに来ていい流れができている。(初)勝ち点につなげたい」と前向きに話した。

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 立正大の捕手・小畑、バットで貢献「何とかしてやりたかった」/東都