2017.10.3 14:33

戦力外通告のヤクルト・飯原「自分で決めた道を挑戦していくだけ」

戦力外通告のヤクルト・飯原「自分で決めた道を挑戦していくだけ」

戦力外通告を受けたヤクルト・飯原誉士 

戦力外通告を受けたヤクルト・飯原誉士 【拡大】

 ヤクルトは3日、東京都内の球団事務所で計9選手に対して、来季は契約を結ばないことを通告した。球団は飯原に対して引退しての残留を打診したが、本人は退団して現役を続行する意向。榎本は昨年オフの楽天に続き、2年連続での戦力外となった。

ヤクルト・飯原「本当に気持ちが変わらないのかということと、今後頑張れと言っていただきました。12年間お世話になりましたという話を(した)。自分で決めた道を挑戦していくだけ。球団の仕事をもらえるのは幸せなこと。家族もいるし、そういうの(引退)もあるし、家族の理解があって挑戦できる。神宮で最後の姿を見せられなかったのは残念。まずはそれ(トライアウト)を目安に。大松さんとか(DeNAの田中)浩康さんに影響されたのはあります」

ヤクルト・榎本「いろいろな人と相談するけど、トライアウトは受けたい。(2年連続での戦力外は)複雑な思いです」

ヤクルト・原泉「トライアウトは受けようと思っています。受ける方向でこれから練習していこうと思います。今年はフォームを変えて、長打が売りで、バッティングに関しては3年間でホームランを一番打てた。悔しさはあるんですが、悔しさよりも前向きに、前を見て、ここで終わりたくないという気持ちが強い。今年で自信というか、やっていきたい気持ちは強くなった。拾ってもらえたらという思いは強いです」

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 戦力外通告のヤクルト・飯原「自分で決めた道を挑戦していくだけ」