2017.10.3 21:28

西武が快勝で2位確保へ前進! 雄星がハーラートップに並ぶ16勝

西武が快勝で2位確保へ前進! 雄星がハーラートップに並ぶ16勝

8回、ピンチを乗り切りグラブを叩く西武・菊池=メットライフドーム(撮影・中井誠)

8回、ピンチを乗り切りグラブを叩く西武・菊池=メットライフドーム(撮影・中井誠)【拡大】

 (パ・リーグ、西武10-3楽天、25回戦、西武16勝8敗1分、3日、メットライフ)2位・西武が快勝。3位・楽天とのゲーム差を3とし、クライマックスシリーズファーストステージの本拠地開催に前進した。先発の菊池は8回を投げて6安打3失点で、ソフトバンク・東浜と並びリーグトップとなる16勝目(6敗)を挙げた。楽天は八回の逆転機を生かせなかった。

 西武は二回二死から8番・炭谷の左中間席に飛び込む4号ソロで先制。楽天は三回、一死三塁から2番・藤田が投手強襲適時打を放ち追いつくと、一死二塁で3番・ペゲーロの中前適時打で勝ち越した。西武はその裏、二死二塁から4番・山川が右中間席へ22号2ランを放ち、逆転した。

 西武は六回にも一死一、二塁から6番・森の左翼線二塁打と7番・栗山の左犠飛で2点を追加。楽天は七回一死三塁から藤田のニゴロの間に1点を返した。八回にも無死満塁のチャンスを迎えたが、菊池の前に後続を断たれた。

 西武はその裏、炭谷のこの日2本目となる5号2ランと源田の左中間適時三塁打、秋山の25号2ランで5点を加え試合を決めた。

16勝目を挙げた西武・雄星の話「正直しんどかったですけど、でもこういう試合を勝てたっていうのは、今年一年の成長だと思います」

試合結果へ

  • 先発の西武・菊池=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 3回、逆転の2点本塁打を放つ西武・山川=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
  • 8回、2点本塁打を放った西武・炭谷=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 8回、2点本塁打を放つ西武・炭谷=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 2回、左本塁打で先制する西武・炭谷=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武が快勝で2位確保へ前進! 雄星がハーラートップに並ぶ16勝