2017.10.2 05:04(1/2ページ)

阪神・糸井、「ウエポンに力もらった」弾!G田口撃ちV打も

阪神・糸井、「ウエポンに力もらった」弾!G田口撃ちV打も

特集:
糸井嘉男
五回、右中間に16号ソロを放った糸井。上本に続いた(撮影・松永渉平)

五回、右中間に16号ソロを放った糸井。上本に続いた(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人4-5阪神、25回戦、巨人13勝10敗2分、1日、東京D)ハートに火をつけられては打つしかない。すでに2位が決まっていようが、糸井は燃えていた。本能のままに上本と同じ初球を捉え、右翼席にグサッと2者連続アーチを突き刺した。

 「ウエポン(上本)の熱い気持ちに、力もらいました」

 前日の頭部死球を乗り越え果敢に向かっていった上本の、勇気と一発に続いた。五回、4-2となって「六甲おろし」を高らかに歌い終えたばかりの左翼席を、5-2としてまた歌わせた。近大の後輩、畠の140キロを振り抜き16号ソロ。2点を返された直後の攻撃で、2人、たったの2球で2点を奪い返した。ただでさえ風前のともしびとなっていた巨人のCS出場を、超人がフーッと吹き飛ばした。

 先制点も、糸井のバットからだった。0-0の三回二死一、三塁で、田口の内角球に詰まりながらも左前ポテンヒット。「ボール球でしたが、思い切って打ちにいった結果いいところに飛んでくれ」と手をたたいた。虎は田口に対し、昨季からの9試合で7連敗していた。前回9月12日の対戦(甲子園)でも6回4失点と追い詰めながら、引き分けとなって土はつけられなかった。糸井が口火を切って難敵を沈め、片岡打撃コーチも「何とか田口に黒星をつけようとみんなで話していた。(今季最後の巨人戦で)一番いい終わり方になった」とうなずいた。

【続きを読む】

  • 5回、ソロ本塁打を放つ阪神・糸井=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 3回、先制適時打を打った阪神・糸井(右)=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 3回、適時打を放つ阪神・糸井=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 阪神の巨人・田口との対戦成績
  • 阪神・最近10年の対巨人戦成績
  • 阪神・今季巨人戦のあゆみ
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・糸井、「ウエポンに力もらった」弾!G田口撃ちV打も