2017.10.1 05:02

明大・斉藤、1失点完投!ドラフト候補左腕で立大に先勝/東京六大学

明大・斉藤、1失点完投!ドラフト候補左腕で立大に先勝/東京六大学

特集:
2017ドラフト情報
先発の明治大学・斉藤大将 =神宮球場、30日(撮影・菊本和人)

先発の明治大学・斉藤大将 =神宮球場、30日(撮影・菊本和人)【拡大】

 東京六大学野球秋季リーグ第4週第1日(30日、神宮)1回戦2試合が行われ、明大が立大を2-1で、早大が東大を9-2でそれぞれ下し、ともに先勝した。明大はドラフト候補左腕・斉藤大将投手(4年)が、8安打1失点完投で今季3勝目(通算11勝目)。早大は八木健太郎外野手(4年)が1号2ランを放ち、投げては左腕・小島和哉投手(3年)が今季初勝利(通算14勝目)を挙げた。プロ注目の東大の左腕・宮台康平投手(4年)は六回途中、8失点で降板した。

 斉藤が1失点で今季2度目の完投勝利。「スライダーの曲がりを小さくして使ってみた結果、三振もとれた」と11三振も奪った。プロ6球団のスカウトが視察し、中日・佐藤スカウトは「左で先発もできることがわかり、評価が上がり、(今秋ドラフトでは)上位候補でしょう」と分析した。

試合結果へ試合日程へ

  • 6回、勝ち越しの本塁打を放ちナインとハイタッチをする明大・河野(右)=神宮球場(撮影・菊本和人)
  • 6回、勝ち越しの本塁打を放つ明大・河野=神宮球場(撮影・菊本和人)
  • 先発の明大・斉藤=神宮球場(撮影・菊本和人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 明大・斉藤、1失点完投!ドラフト候補左腕で立大に先勝/東京六大学