2017.9.30 12:00(1/3ページ)

【土井麻由実のSMILE TIGERS】今季限りで引退の安藤投手を「神」と青柳投手があがめるワケ プロの姿勢と話が面白い

【土井麻由実のSMILE TIGERS】

今季限りで引退の安藤投手を「神」と青柳投手があがめるワケ プロの姿勢と話が面白い

特集:
土井麻由実のSMILE TIGERS
練習で送球する安藤投手(中央)を見つめる青柳投手(奥右)

練習で送球する安藤投手(中央)を見つめる青柳投手(奥右)【拡大】

 「そりゃ僕が首脳陣でもそうだよ。若くてロング(リリーフ)ができるのを(ブルペンに)入れると思うよ」。そう言って安藤投手は優しく微笑んだ。同じベテランの藤川投手と役割がかぶることもわかっている。ものわかりがよすぎて泣ける。

 そしてとうとう引退を決意した。誰からも慕われている。特に後輩たちは安藤投手の背中を見て、成長してきた。2年目の青柳投手は昨春の安芸キャンプから、安藤投手のことを「神です!」とあがめてきた。

 「入団した当初、投内連係の送球とか緊張してうまくできなくて苦労していたんですけど、そういうとき、安藤さんが声をかけてくれたのはうれしかったです。取り組む姿勢もぜんぶお手本でした」。ベテランは免除されるようなメニューもすべてこなし、本数も若手と同じだけやっていたという。

 そのキャンプを打ち上げ、青柳投手は大学に用があって東京に向かったが、そのとき安藤投手も所用で東京に行くことになった。「タクシーの中や飛行機の待ち時間にいろんな話をしてもらいました。野球の話が多かったかな」。プロとして第一歩を踏み出したばかりのとき、安藤投手が不安をぬぐい去ってくれたのだ。

 「ベテランなのに声をかけやすい雰囲気を作ってくれるんです。質問にもなんでも答えてくれるし。それに安藤さん、常に話がおもしろいんです」。神とのお別れが寂しくてしかたない。

【続きを読む】

  • 安藤投手のコントロールのよさは後輩選手の手本だった
  • 今月15日の引退会見で、四藤球団社長(左)から花束を受け取る安藤投手。お疲れさまでした。そして、ありがとうございました!
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【土井麻由実のSMILE TIGERS】今季限りで引退の安藤投手を「神」と青柳投手があがめるワケ プロの姿勢と話が面白い