2017.9.29 05:03

西武、“鬼門”ヤフオクDで7連敗…投手陣が計10四死球の大乱調

西武、“鬼門”ヤフオクDで7連敗…投手陣が計10四死球の大乱調

五回、高谷に3ランを許した平井はマウンド上で渋い表情 (撮影・仲道裕司)

五回、高谷に3ランを許した平井はマウンド上で渋い表情 (撮影・仲道裕司)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク8-5西武、25回戦、ソフトバンク16勝9敗、28日、ヤフオクD)西武は28日、ヤフオクドームでのソフトバンク最終戦に5-8で敗戦。同球場では7連敗、今季通算1勝11敗で終えた。

 「みんな勝てていないんで嫌でしょうね。勝っていても、1点差とかだと嫌な気持ちになる」

 敵地での対戦成績を聞いた主将の浅村栄斗内野手(26)は、苦手意識を隠すことができなかった。ソフトバンク相手に、本拠地のメットライフドームでは今季の4カード(3連戦)すべて2勝1敗と勝ち越して、通算8勝4敗。だが、敵地では全く歯が立っていないのが現状だ。

 一回に山川の2ランで先制も、先発の岡本が三回途中3失点で降板し、投手陣は計10四死球。辻監督も「慎重になりすぎ。もっと大胆にいかないと」と苦言を呈した。5点を追う七回に、浅村の通算1000安打となる左前適時打などで3点をかえすのが精いっぱいだった。

 クライマックスシリーズ・ファーストステージを勝ち上がれば、ファイナルステージの相手はソフトバンク。舞台はヤフオクドームだ。浅村は「これだけ負けていると、開き直ってできる。やり返す気持ちだけです」と、懸命に前を向いた。(花里雄太)

3安打も三回に適時失策を犯した西武D3位・源田(トヨタ自動車)「なんとか(打球を)止めないといけなかった」

試合結果へ

  • ソフトバンクに敗れ、引き揚げる西武の辻監督=ヤフオクドーム
  • 観客に挨拶をしてグラウンドをあとにする西武ナイン=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 7回、生還した西武・浅村を出迎える辻監督(右から二人目)=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 7回、適時打を放つ西武・浅村=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 5回、後逸し険しい表情をする西武・森=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 5回、平井の暴投を捕球できず失点を許した捕手の西武・森=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 3回、マウンドに集まる西武ナイン=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 2回、ファールボールに手を伸ばす西武・山川=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 2回、本塁打を打たれる西武・岡本=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 1回、本塁打を放つ西武・山川=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球する西武・岡本=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武、“鬼門”ヤフオクDで7連敗…投手陣が計10四死球の大乱調