2017.9.29 05:04(1/2ページ)

工藤ソフトBが92勝!武田、6回0/3を4失点もCSテス投OK

工藤ソフトBが92勝!武田、6回0/3を4失点もCSテス投OK

九回を締めくくったサファテ(右)からウイニングボールを受け取る武田(撮影・仲道裕司)

九回を締めくくったサファテ(右)からウイニングボールを受け取る武田(撮影・仲道裕司)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク8-5西武、25回戦、ソフトバンク16勝9敗、28日、ヤフオクD)冷静なマウンドさばきが戻ってきた。ソフトバンクが61年ぶりとなる92勝目。武田がクライマックスシリーズ(CS)のマウンドを勝ち取った。

 「なんとか粘れたと思います。自分のリズムをつくろうと思いました」

 一回に山川に先制2ランを浴びた後、徐々に立て直した。五、六回は三者凡退。七回に無死一、三塁のピンチを招いて降板。2番手以降が打たれて6回0/34失点となったが、150キロを計測するなど球威も復活した。

 CSの先発は和田、東浜、千賀、バンデンハークハークが決定。武田は残りの席を争ったが、工藤監督は起用を「そうです。球の力もあったし、最後まで落ちなかった」と明言。21日の日本ハム戦(札幌ドーム)では五回途中KOだったが、最終試験で合格を与えた。

【続きを読む】

  • 力投した武田。6回0/34失点も、球威が増し、CSの先発枠に食い込んだ
  • 7回、交代を告げられるソフトバンク・武田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 4回、笑顔を見せるソフトバンク・武田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 53セーブ目を挙げたソフトバンクのサファテ=ヤフオクドーム
  • 西武に勝利し、喜ぶソフトバンクナイン=ヤフオクドーム
  • サファテからボールを受け取るソフトバンク・武田(中)=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • お立ち台でポーズを決めるソフトバンク・森(左)、高谷=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 椅子に座りポーズを決めるソフトバンク・森(左)、高谷=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・サファテ=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 7回、犠飛を放つソフトバンク・川島=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 7回、生還するソフトバンク・松田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 5回、本塁打を放つソフトバンク・高谷=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 工藤ソフトBが92勝!武田、6回0/3を4失点もCSテス投OK