2017.9.26 05:01

阪神、スカウト会議で早実高・清宮の1位指名確認 面談でメジャーの夢聞く構え

阪神、スカウト会議で早実高・清宮の1位指名確認 面談でメジャーの夢聞く構え

特集:
2017ドラフト情報

 阪神は25日、西宮市内の球団事務所でスカウト会議を開催。四藤慶一郎球団社長(56)も出席し、10月26日のドラフト会議に向けて、早実高・清宮幸太郎内野手(3年)の1位指名を確認した。

 今後、可能となる本人との面談について、四藤社長は「向こうも、いろいろ聞きたい話があるだろう」と将来的なメジャー挑戦の夢をもつ清宮の考え方をじっくりと聞く構えを示したが、具体的な発言は控えた。金本監督の面談同席なども、現状ではない模様だ。

 ドラフト指名候補は70人まで絞り込んだ。外れ1位には大学No.1左腕の明大・斉藤大将(ひろまさ)投手(4年)や最速152キロ右腕の中大・鍬原拓也投手(4年)、151キロ左腕の亜大・高橋遥人投手(4年)ら即戦力投手を対象にシミュレーションを重ねている。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、スカウト会議で早実高・清宮の1位指名確認 面談でメジャーの夢聞く構え