2017.9.26 22:32

オリックス・T-岡田が久々の快音 60打席ぶりの一発に「うまく反応できた」

オリックス・T-岡田が久々の快音 60打席ぶりの一発に「うまく反応できた」

6回、2点本塁打を放つオリックス・T-岡田=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)

6回、2点本塁打を放つオリックス・T-岡田=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス2-6日本ハム、22回戦、オリックス13勝9敗、26日、京セラ)オリックスのT-岡田が久々に快音を響かせた。0-2の六回無死一塁で、60打席ぶりの一発となる29号2ランを中越えに運び「少し詰まったが、うまく反応できた」とうなずいた。

 ここのところは不振に陥っており、この本塁打が7試合ぶりの安打。福良監督は「久しぶりに自分の打撃ができたんじゃないか。この一本で変わってくれたらいい」と期待を寄せた。

福良監督(5回2失点の新人、山本に)「今までの登板で一番悪かったが、その中で試合はつくってくれる。そこは評価できる」

山本(5回2失点)「二回以降は毎回走者を出してしまい、球数が多くなってしまった。リズムが悪くなったことも反省しないといけない」

試合結果へ

  • 9回、登板したオリックス・金田=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 7回、投球するオリックス・ヘルメン=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 7回、選手交代を告げるオリックス・福良監督=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 6回、ベンチに戻るオリックス・小林=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 6回、投球するオリックス・小林=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 3回、ベンチに戻るオリックス・山本=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 先発したオリックス・山本=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 先発したオリックス・山本=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 先発したオリックス・山本=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・T-岡田が久々の快音 60打席ぶりの一発に「うまく反応できた」