2017.9.26 18:45

稲葉監督、アジア選手権に臨む社会人野球日本代表を激励「ナンバーワン目指し頑張ってほしい」

稲葉監督、アジア選手権に臨む社会人野球日本代表を激励「ナンバーワン目指し頑張ってほしい」

侍ジャパン社会人代表を激励する稲葉監督=神奈川県川崎市(撮影・加藤圭祐)

侍ジャパン社会人代表を激励する稲葉監督=神奈川県川崎市(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 野球日本代表の稲葉篤紀監督は26日、台湾で10月に開催されるアジア選手権に備えて川崎市内で強化合宿に入った社会人野球の日本代表を視察し「アジアのナンバーワンを目指して頑張ってほしい」と激励した。

 社会人日本代表にはドラフト1位候補の左腕、田嶋大樹投手(JR東日本)やプロ野球広島の田中広輔内野手の弟、田中俊太内野手(日立製作所)らが選ばれている。2020年東京五輪で金メダルを目指す稲葉監督は「社会人野球は常に負けられない戦いをやっていて経験豊富。3年後の五輪へ向けて見極めていきたい」と話した。

  • プロ注目の侍ジャパン社会人代表・田中俊太=神奈川県川崎市(撮影・加藤圭祐)
  • プロ注目の侍ジャパン社会人代表・田嶋大樹=神奈川県川崎市(撮影・加藤圭祐)
  • プロ注目の侍ジャパン社会人代表・鈴木博志=神奈川県川崎市(撮影・加藤圭祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. 稲葉監督、アジア選手権に臨む社会人野球日本代表を激励「ナンバーワン目指し頑張ってほしい」