2017.9.24 21:43

脚つって降板のロッテ・涌井、井口の引退試合で「最初から飛ばしていった」

脚つって降板のロッテ・涌井、井口の引退試合で「最初から飛ばしていった」

6回、不調を訴えるロッテ・涌井=ZOZOマリン(撮影・佐藤雄彦)

6回、不調を訴えるロッテ・涌井=ZOZOマリン(撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ4x-3日本ハム=延長十二回、25回戦、日本ハム15勝10敗、24日、ゾゾマリン)ロッテの涌井は六回途中に左ふくらはぎがつって2安打無失点で降板した。9奪三振と快投したが、六回に左手親指付近がつり、治療して戻った後に今度は脚がつった。

 井口の引退試合で「絶対に勝たなくてはいけない試合。最初から飛ばしていった」と言う。チームは延長十二回でサヨナラ勝ち。今季最終登板となる見込みで、四回に通算1500奪三振を記録し「こういう試合で達成できたことは良かった」とうなずいた。

試合結果へ

  • 引退セレモニーでグランドを一周しファンに別れのあいさつをするロッテ・井口=ZOZOマリン(撮影・佐藤雄彦)
  • 仲間と一緒に記念撮影におさまるロッテ・井口=ZOZOマリン(撮影・戸加里真司)
  • 延長12回、鈴木のサヨナラ打で仲間から手荒い祝福を受けるロッテ・井口(中央)=ZOZOマリン(撮影・戸加里真司)
  • 挨拶を終え、深々と頭を下げるロッテ・井口=ZOZOマリン(撮影・戸加里真司)
  • 場内一周後、仲間に胴上げされるロッテ・井口=千葉・ZOZOマリン(撮影・戸加里真司)
  • 場内一周後、仲間に胴上げされるロッテ・井口=ZOZOマリン(撮影・戸加里真司)
  • 6回、途中登板したロッテ・松永=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)
  • 6回の第三打席、空振り三振に終わるロッテ・井口=ZOZOマリン(撮影・早坂洋祐)
  • 9回、同点本塁打を打つロッテ・井口=ZOZOマリン(撮影・佐藤雄彦)
  • 9回、同点本塁打を打つロッテ・井口=ZOZOマリン(撮影・佐藤雄彦)
  • 9回、同点の2ランを放つロッテ・井口=ZOZOマリンスタジアム(撮影・早坂洋祐)
  • 9回、同点本塁打を放ちガッツポーズをするロッテ・井口=ZOZOマリン(撮影・佐藤雄彦)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. 脚つって降板のロッテ・涌井、井口の引退試合で「最初から飛ばしていった」