2017.9.22 13:00

【球界ここだけの話(1036)】バレンティン、ヤクルト愛を語る「選手生命をここで終えたい気持ちはある」

【球界ここだけの話(1036)】

バレンティン、ヤクルト愛を語る「選手生命をここで終えたい気持ちはある」

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
ヤクルトのウラディミール・バレンティン

ヤクルトのウラディミール・バレンティン【拡大】

 今季で1年契約が切れるヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(33)が、所属球団への愛着を口にした。

 「来季もヤクルトでプレーしたいか? もちろんだよ。スワローズには1年目からお世話になっているし、第2の故郷と思っている。日本でプレーするチャンスをくれた唯一の球団だからね。来年も戻ってきて、みんなとプレーしたい。選手生命をヤクルトで終えたい気持ちはある」

 2011年の来日1年目から3年連続で本塁打王を獲得。とりわけ、13年は60本塁打のシーズン日本記録を樹立した。7年目の今季はリーグ2位の31本塁打をマーク。6度目のシーズン30発は1988-92年の池山隆寛(現楽天1軍打撃コーチ)をこえる球団新記録だった。

 この大砲について球団は、再契約を検討している。球団関係者は「バレンティンと残留交渉をする? そういう話になると思う。でもまだこれから。まだ何も始まっていない」と現時点での方向性を示した。

 今季は本塁打数でリーグトップの中日・ゲレーロとタイトルを争っている。バレンティンは、自身と勝負を避ける傾向にある中日の投手陣について、「ストライクを投げてくれないのが現実。忍耐強く、待っているボールをしっかり待っていきたい」と決意も新た。チームが最下位の中、タイトル獲得で明るい話題をもたらす。(吉村大佑)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【球界ここだけの話(1036)】バレンティン、ヤクルト愛を語る「選手生命をここで終えたい気持ちはある」