2017.9.22 08:00(1/2ページ)

【小早川毅彦のベースボールカルテ】緒方監督、王者として重圧に打ち勝った

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

緒方監督、王者として重圧に打ち勝った

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ
優勝セレモニーで受け取った優勝トロフィーを掲げる広島・緒方監督=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)

優勝セレモニーで受け取った優勝トロフィーを掲げる広島・緒方監督=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 広島が37年ぶりのリーグ連覇を果たした。OBとして、心からおめでとうと言いたい。優勝が決まる数日前、緒方監督に取材する機会があった。「印象に残っている試合は?」との質問に、意外な答えが返ってきた。

 まず、9-0から大逆転負けして2位に転落した5月6日の阪神戦(甲子園)。次に3連敗を喫した8月22-24日のDeNA3連戦(横浜)だ。

 ネガティブな答えは予想していなかったので、これが連覇に挑む監督の考え方なのだろうと思った。前年の王者だから、周囲は今年も強くて当たり前という目で見る。その重圧や使命感をたっぷりと背負って、戦ってきたのだろう。

 質問を「流れをつかんだと思ったのは?」に変えてみると、(1)開幕2戦目からの10連勝(1分けを挟む)(2)交流戦を12勝6敗の2位(3)前出のDeNA戦の3連敗を引きずらなかったこと-の3つが出てきた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 【小早川毅彦のベースボールカルテ】緒方監督、王者として重圧に打ち勝った