2017.9.17 05:03

DeNA、1点守って3位再浮上!梶谷が自己最多19号

DeNA、1点守って3位再浮上!梶谷が自己最多19号

2番で起用された梶谷が期待に応える19号ソロ。ベンチの迎えに会心の笑みを浮かべた(撮影・荒木孝雄)

2番で起用された梶谷が期待に応える19号ソロ。ベンチの迎えに会心の笑みを浮かべた(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人0-1DeNA、24回戦、巨人14勝9敗1分、16日、東京D)DeNAは16日、巨人24回戦(東京ドーム)に1-0で勝ち、巨人と並ぶセ・リーグ3位に再浮上した。殊勲打を放ったのは、7月1日以来の「2番」に入った梶谷隆幸外野手(29)だった。

 「(外野手に)とられると思っていました。あの1点で勝てるとは思わなかった。投手陣に感謝ですね」

 四回一死、巨人・マイコラスの外角低めへの変化球を「うまくバットに引っかかってくれた」と右中間席まで運んだ。昨年を超える自己最多の19号に「個人的には20本は打ちたい」と笑った。

 春先は攻撃型2番として活躍も、夏場はスモールベースボール重視となったチーム方針で主に7番を任された。最近は1番・桑原の出塁率が下降していることから、この日はチャンスメーカーとして2番に入り、結果を残した。

 「梶谷はたくさん三振をするか、いい仕事をするかのどちらか。打順を変えたタイミングで勝てたのは大きい」とラミレス監督の信頼は厚い。12球団最多の142三振だが、走攻守で高レベルを誇る梶谷。17日の巨人戦に勝てば単独3位となる。 (湯浅大)

試合結果へ

  • ファンの声援に応えるDeNA・井納=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 試合後、井納(右)とタッチを交わすDeNA・ラミレス監督=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 7回、中前打を放つDeNA・ロペス=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、巨人・マギーを三直に抑え、ガッツポーズのDeNA・井納=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 先発のDeNA・井納=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA、1点守って3位再浮上!梶谷が自己最多19号