2017.9.14 04:02

ヤクルト・原樹理、3カ月ぶり勝利&山田に借りた手袋でプロ初2安打

ヤクルト・原樹理、3カ月ぶり勝利&山田に借りた手袋でプロ初2安打

特集:
山田哲人
約3カ月ぶりに白星を挙げた原樹理(左)は、山田とともにファンの声援に応えた (撮影・大橋純人)

約3カ月ぶりに白星を挙げた原樹理(左)は、山田とともにファンの声援に応えた (撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト2-1中日、21回戦、中日12勝9敗、13日、神宮)ヤクルトは13日、中日21回戦(神宮)に2-1で勝利した。先発の2年目右腕・原樹理投手(24)が7回を投げ8安打1失点で、昨季を超える3勝目(9敗)。6月15日の楽天戦(神宮)以来、約3カ月ぶりの白星を手にした。

 「久しぶりに勝てたことはうれしく思います。粘り強く、苦しいからこそ苦しい投球をしようと心がけている」

 最大のピンチは四回無死一、三塁。高橋に投じた2球目の直球で「ギアを上げられた」と最後は空振り三振に。「その感覚は今までなかったので、収穫があった」と手応えを口にした。

 この日は、バットでもプロ初の1試合2安打を記録。ともにお立ち台に上がった山田の打撃用手袋を着用し、結果を出した。「前を向け。俺も結果がついてこなくても前を向こうと思ってやっている」と励ましてくれた先輩の期待に応えた。 (赤尾裕希)

原樹理についてヤクルト・真中監督「よく粘って投げたね。欲を言えば、先頭を出さないことを心がけたら、もっとよかったけど」

試合結果へ

  • 3回、右前打を放つヤクルト・原樹=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 真中監督と握手をする勝利投手のヤクルト・原樹(右)=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • お立ち台でつば九郎からカメラを向けられるヤクルト・原樹=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 1回、先制適時打を放つヤクルト・山田=神宮(撮影・大橋純人)
  • 3回、中前打を放つヤクルト・山崎=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 6回、中日・高橋の打球を好捕するヤクルト・山田=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 7回、左前打を放つヤクルト・坂口=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 試合前の練習中、この日が誕生日の中日・荒木(右)に向かって脱帽し礼をするヤクルト・バレンティン。つば九郎も挨拶=神宮球場(撮影・大橋純人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・原樹理、3カ月ぶり勝利&山田に借りた手袋でプロ初2安打