2017.9.13 12:51

野球部監督が部員蹴る体罰 青森県立八戸西高、練習試合中に

野球部監督が部員蹴る体罰 青森県立八戸西高、練習試合中に

 青森県立八戸西高(八戸市)で硬式野球部の監督を務める男性実習教諭(56)が、練習試合中に部員を蹴る体罰をしていたことが13日、同校への取材で分かった。

 同校によると、監督は8月9日、秋田市で行われた練習試合でサインプレーのミスをした2年の男子部員の左太ももを足の甲で蹴った。部員にけがはなかった。今月4日に県教育委員会を通じて「野球部の指導に苦情がある」と高校に連絡があった。教諭は「カッとなってしまった」と体罰を認め、部員と保護者に謝罪した。

 同校は監督のグラウンドへの立ち入りと部活指導を当面禁止した。過去に体罰がなかったかも調べる。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 野球部監督が部員蹴る体罰 青森県立八戸西高、練習試合中に