2017.9.12 23:09

オリックス・山本は2勝目ならず「何とかゼロで粘りたかった」

オリックス・山本は2勝目ならず「何とかゼロで粘りたかった」

ロッテ戦に先発したオリックス・山本=ZOZOマリン

ロッテ戦に先発したオリックス・山本=ZOZOマリン【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ7-5オリックス、23回戦、ロッテ13勝10敗、12日、ゾゾマリン)前回登板でプロ初勝利を挙げたオリックスの高校出ルーキーの山本は2勝目を手にすることはできなかった。五回に打線が3-2と勝ち越したが、その裏に2死満塁としてプロ24年目のベテラン福浦に逆転の2点適時打を浴びて降板。「何とかゼロで粘りたかった」と悔やんだ。

 先頭打者への四球からピンチを招いた。「出してはいけないところで出してしまった」と反省。打線が七回に追い付いたことでプロ初黒星は免れたが「この反省を次に生かせるようにやっていきたい」と気持ちを切り替えた。

福良監督(競り負け)「よく粘ったと思う。守備で4、5点(相手に)やったんじゃないか」

安達(八回にプロ6年目で初の代打本塁打)「しっかり自分のスイングをすること、何とか塁に出ることを考えていた。いい仕事ができて良かった」

試合結果へ

  • 4回、オリックス・吉田正が右越えに同点2ランを放つ=ZOZOマリン
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・山本は2勝目ならず「何とかゼロで粘りたかった」