2017.9.9 19:44

早大の2メートル左腕・今西がデビュー 明大・斉藤が完封/東京六大学

早大の2メートル左腕・今西がデビュー 明大・斉藤が完封/東京六大学

完封勝利を挙げた明大・斉藤=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

完封勝利を挙げた明大・斉藤=神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 東京六大学野球秋季リーグ戦は9日、東京・神宮球場で開幕し、第2試合は明大が早大を3-0で下し、先勝した。明大は左腕・斉藤大将(ひろまさ)投手(4年)が初完封で今季初勝利(通算9勝目)を飾った。早大は身長2メートルの左腕・今西拓弥投手(1年)が3番手で六回に登板してリーグ戦デビューを果たし、明大・竹村(4年)を三ゴロに仕留めた。

 今西は「春にフレッシュリーグで投げていて、先輩たちが投げやすくしてくれていたので、緊張もしなかった」と笑顔を見せた。広島・広陵高出身。今夏の甲子園で大会6本塁打の記録を作ってU-18日本打表でも注目の中村の1年先輩だけに、「テレビで見ても中村の一年間の成長を感じていて、自分もがんばっていかないといけない」と刺激になっている様子だった。

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 早大の2メートル左腕・今西がデビュー 明大・斉藤が完封/東京六大学