2017.9.9 22:10

阪神D2・小野、七回に痛恨の失点「粘りきることができず、悔しい」

阪神D2・小野、七回に痛恨の失点「粘りきることができず、悔しい」

特集:
2017新人情報
先発の阪神・小野=阪神甲子園球場(撮影・林俊志)

先発の阪神・小野=阪神甲子園球場(撮影・林俊志)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神-DeNA、19回戦、9日、甲子園)阪神は小野が1-0の七回に痛恨の失点を喫し、2勝目を逃した。二死一塁で梶谷に低めの直球を右中間の深くまで運ばれる同点適時打を許した。伸びのある直球を軸に、六回まで9奪三振で無失点と好投していただけに「七回に二死から点を取られてしまい、粘りきることができず、悔しい」と話した。

 八回から十回まで桑原、ドリス、マテオが九つのアウトを全て三振で取る快投を見せるなど、救援陣が流れをつくったが、打線は二回から十一回まで無得点に終わった。

試合結果へ

  • 先発の阪神・小野=阪神甲子園球場(撮影・林俊志)
  • 先発の阪神・小野=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D2・小野、七回に痛恨の失点「粘りきることができず、悔しい」