2017.9.8 15:46

国学院大が勝ち点…左腕・山岡が立正大相手に1失点完投/東都

国学院大が勝ち点…左腕・山岡が立正大相手に1失点完投/東都

国学院大・山岡は立正大戦で完投勝利=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

国学院大・山岡は立正大戦で完投勝利=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球秋季リーグ戦第1週第4日は8日、東京・神宮球場で3回戦が行われ、国学院大が7-1で立正大を下し、2勝1敗とし、勝ち点1を挙げた。

 国学院大は一回に右前先制打を放った飯野周太外野手(4年)が三回に右越えソロ本塁打を放ち、八回に5点を加え、先発左腕・山岡就也投手(3年)が4安打1失点完投で今季初勝利(通算8勝目)。

 山岡は、「1回戦で代打サヨナラ本塁打を打たれた佐々木(斗夢外野手)がスタメンの3番にいて、ビックリした。4打席抑えたけど、調子はあまりよくなくて、コントロールに注意して投げた。4安打? たまたまです。リーグ戦の後半に状態がよくなるようにしていきたい」と淡々と振り返った。

試合日程・結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 国学院大が勝ち点…左腕・山岡が立正大相手に1失点完投/東都