2017.9.8 05:03

東洋大、連勝で勝ち点ゲット!田中の今季初ヒットが先制打に/東都

東洋大、連勝で勝ち点ゲット!田中の今季初ヒットが先制打に/東都

三回、二死二塁で、中前に先制打を放った東洋大・田中将也=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

三回、二死二塁で、中前に先制打を放った東洋大・田中将也=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球秋季リーグ第1週第3日(7日、東洋大4-2日大、神宮)3回戦1試合を行い、春秋連覇を狙う東洋大が日大に4-2で勝ち、2勝1敗で勝ち点1を挙げた。国学院大-立正大は悪天候のため中止となり、8日に順延された。東洋大は三回に3番・田中将也内野手(4年)の中前打で先制し、その後も小刻みに加点した。

 3番・田中が三回二死二塁から中前先制打を放った。二回無死満塁で無得点後の好機に今季初安打が出て「春の優勝で厳しく攻められると予想していたけど、内角真っすぐを返せ、勝ててよかった」と笑顔。高橋監督は「日大さんが拙攻、こっちも下位で点が取れなかった後に、よく取れた。4番の中川にも出た」と主軸が復調しての連勝を喜んだ。

五回に2試合連続となる本塁打を左越えに放ったものの試合に敗れた日大・太田和「前の打席(三回一死満塁で遊ゴロ併殺)で駄目だった自分の責任。あとで打てても情けない」

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東洋大、連勝で勝ち点ゲット!田中の今季初ヒットが先制打に/東都