2017.9.7 19:01

春秋連覇狙う東洋大が勝ち点1、国学院大-立正大は8日に順延/東都

春秋連覇狙う東洋大が勝ち点1、国学院大-立正大は8日に順延/東都

 東都大学野球リーグ第1週第3日は7日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、春秋連覇を狙う東洋大が日大に4-2で競り勝ち、2勝1敗で勝ち点1を挙げた。国学院大-立正大3回戦は悪天候のため中止となり、8日に順延された。

 東洋大は3回に先制した後も小刻みに加点。救援で1失点の甲斐野が2勝目をマークした。

東洋大・甲斐野投手(連日の好救援で早くも2勝目)「連投できのうほど球の回転がよくなかった。今後も質のいい球を投げたい。2勝は(自分が)大きく変われる好機になるかもしれない」

日大・仲村監督(好機で打てず)「11安打で2点では勝てない。前半のまずい攻めが敗因。ただ、3試合できて投手の力をつかめたのは収穫だった」

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 春秋連覇狙う東洋大が勝ち点1、国学院大-立正大は8日に順延/東都