2017.9.3 18:00(1/4ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神、中田翔獲得見送りで新ターゲットに中日・ゲレーロが急浮上 20億円超のFA資金は大物助っ人補強費へ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

阪神、中田翔獲得見送りで新ターゲットに中日・ゲレーロが急浮上 20億円超のFA資金は大物助っ人補強費へ

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
阪神はFA補強による日本ハム・中田翔の獲得を「見送り」

阪神はFA補強による日本ハム・中田翔の獲得を「見送り」【拡大】

 金本阪神が今オフ、FA補強による中田翔内野手(28)=日本ハム=獲得を見送りました。長期ロード中、東京都内で行われた球団幹部と金本知憲監督(49)による編成会議で、中田獲得については疑問の声が大勢を占めたのです。夏の甲子園大会前、球団幹部が電鉄本社に提出した20億円超のFA資金は大物外国人選手の補強に回す方向です。新たなターゲットには中日のアレックス・ゲレーロ内野手(30)の名前が急浮上ですね。

 ペナントレースが大詰めを迎える中、阪神の今オフの補強について大きな動きがありました。夏の長期ロード中の東京遠征で、球団幹部と金本監督が来季の戦力編成について話し合いました。その中でトップの補強事項としてFAによる中田翔獲りに関する意見が交わされたのですが、なんと出された結論は「獲得GOサイン」ではなく、真逆の「見送り」という答えだったのです。

 「中田翔は見送りだ。そもそも金本監督が乗り気ではなかったし、球団の内部でも積極的に推す声もなかった。ある一部だけが『中田翔を獲るべきだ』と言っていたようだけど、改めて球団と現場が一堂に会して話し合った結果、獲らない方向で一致したんだ。今後、日本ハムが金銭トレードや交換トレードで中田の話を持ってくるのなら話には応じるかもしれないけど、現実的にFA権の保有者をトレードに出すというのは難しいだろうからね。まあ中田とウチは縁がなかったということだろう」

 あるチーム関係者の話ですが、FA補強の目玉と思われていた中田翔の獲得見送りは阪神の来季構想を大きく転換させるものですね。

【続きを読む】

  • 6月2日の交流戦で試合前練習中に談笑していた金本監督(左)と中田
  • 8月19日、試合前に中日・ゲレーロ(右)は阪神・秋山と談笑。阪神が狙う大物外国人として一部で名前が出てきた
  • ぺナントレースは大詰め。金本監督は逆転優勝を狙っている
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神、中田翔獲得見送りで新ターゲットに中日・ゲレーロが急浮上 20億円超のFA資金は大物助っ人補強費へ