2017.9.1 13:00

【球界ここだけの話(1015)】ヤクルトが再建へ動き出す 衣笠社長、けが人出にくい仕組み作りとドラフト獲得選手の育成に意欲

【球界ここだけの話(1015)】

ヤクルトが再建へ動き出す 衣笠社長、けが人出にくい仕組み作りとドラフト獲得選手の育成に意欲

今季限りで退任するヤクルト・真中監督

今季限りで退任するヤクルト・真中監督【拡大】

 ヤクルト・真中満監督(46)が今季限りで退任する。レギュラーシーズン終了まで指揮を執るが、監督生活は3年で区切りをつける。

 8月21日、東京都内で真中監督と会談した衣笠球団社長は「就任初年度(2015年)に優勝した。今年は最下位だが、能力が高い監督でも主力がけがしていると厳しい。もう1年、ぜひに引き受けてもらえないかということを伝えた。根岸オーナーも、監督を受けてもらえないかという気持ちだった」という。

 ところが…。「真中監督は『最下位ということを自分なりに受け止めて、本当にありがたいお話ですが、辞任させていただきたい』と。それで私も了承した。退任されても球団に残ってほしかったが、真中監督は2、3年は外から野球が見たいということだった」と経緯を説明した。

 2018年は新監督を迎える。衣笠社長は「絶対にけが人が出ないということはあり得ないが、けが人が出にくい仕組み作り、さらには広島のようにドラフトで獲得した選手を4、5年かけて育て、強いチーム作りをしていきたい」と意欲を示した。ヤクルト再建へ球団が動き出す。(吉村大佑)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【球界ここだけの話(1015)】ヤクルトが再建へ動き出す 衣笠社長、けが人出にくい仕組み作りとドラフト獲得選手の育成に意欲