2017.8.30 23:23

西武、鳥の群れに2位浮上邪魔される…照明落とすも中断58分で最後は大雨

西武、鳥の群れに2位浮上邪魔される…照明落とすも中断58分で最後は大雨

8回、試合を再開しようと守備練習につくも鳥の群れに襲われる? 西武・源田=Koboパーク(撮影・土谷創造)

8回、試合を再開しようと守備練習につくも鳥の群れに襲われる? 西武・源田=Koboパーク(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天8-8西武=八回終了後降雨コールド、20回戦、西武12勝7敗1分、30日、コボパーク)西武が予期せぬ事態に見舞われ、2位浮上を“邪魔”された。8-4でリードして八回表を終了したが、直後に降雨中断。その後、今度は鳥の大群が守備に就こうとした選手に向かって襲来し、再開できず。中断時間が58分に及んだ。結局、ペースを乱された西武はその裏に4点を奪われ、引き分けに終わった。楽天を0.5ゲーム差で追う西武は勝てば2位浮上だったが、後味の悪い試合となった。

 小雨となったグラウンド。2位浮上を目指す西武ナインが守備に就くと、突然、鳥の群れが飛来。グラウンド内を低空で旋回し始めた。遊撃手・源田が鳥の襲来から身を守るため体をかがめ、秋山も走って群れから離れようとする。一度は守備に就いた浅村は険しい表情へベンチに引き返した。

 前代未聞の鳥の襲来。選手がベンチに引き揚げると、鳥を追い払うため、球場の照明が落とされた。さらに上空にはドローンを投入。球場から鳥がいなくなったのが確認されると試合が再開されたが、球場の照明が点灯するまで時間がかかり、中断は実に58分間に及んだ。

 4点リードの西武。ところが、試練がまた訪れる。再開後に雨が強くなり、4番手・シュリッターの制球が乱れ、1番・オコエが右翼線2点二塁打。続く岡島も中前に2点打を放ち同点に追いつかれた。

 楽天はオコエが活躍した。一回、死球で出塁すると、続く岡島の犠打を三塁手・呉念庭が一塁へ悪送球。快足を飛ばしたオコエが一気に本塁を陥れた。さらに一死三塁から4番・ペゲーロが左中間スタンドへ24号2ランを放ち、この回3点を奪った。

 西武は四回一死二塁で7番・呉念庭が右中間フェンスを直撃する適時三塁打を放ち反撃。その裏、楽天は8番・嶋の中前適時打で1点を追加した。

 五回、西武は一死一塁から4番・浅村が右越え16号2ラン。二死二、三塁で8番・岡田が左越え2点二塁打を放ち逆転に成功した。さらに西武は六回、山川がバックスクリーンへ運ぶ13号3ランで突き放したが、最後は思わぬ展開で追いつかれた。

試合結果へ

  • 8回、試合を再開しようと守備練習につくも鳥の群れでその場を離れようとする西武・浅村=Koboパーク(撮影・土谷創造)
  • 8回、試合を再開しようと守備練習につくも鳥の群れに驚く西武・秋山=Koboパーク(撮影・土谷創造)
  • 8回、2点二塁打を放つ楽天・オコエ=Koboパーク(撮影・土谷創造)
  • 8回を終え、さらに雨脚が強まったところで話し合う審判団=Koboパーク(撮影・土谷創造)
  • 8回から登板したが、途中で降板する西武・シュリッター(左)=Koboパーク(撮影・土谷創造)
  • 8回、2点二塁打を放ち塁上で手を叩く楽天・オコエ=Koboパーク(撮影・土谷創造)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武、鳥の群れに2位浮上邪魔される…照明落とすも中断58分で最後は大雨