2017.8.27 13:00

【球界ここだけの話(1010)】戦線離脱の広島・鈴木が仕掛けたドッキリ 3年目・野間は耳を疑うも本拠地はお祭り騒ぎに

【球界ここだけの話(1010)】

戦線離脱の広島・鈴木が仕掛けたドッキリ 3年目・野間は耳を疑うも本拠地はお祭り騒ぎに

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
8月6日のDeNA戦後、勝利のヒップアタックを行う広島の(左から)野間、鈴木、丸

8月6日のDeNA戦後、勝利のヒップアタックを行う広島の(左から)野間、鈴木、丸【拡大】

 広島の3年目、野間峻祥外野手(24)が25日、中日戦(マツダ)で右足首の骨折で戦列を離れている鈴木にドッキリを仕掛けられた。7-0で迎えた八回二死一塁。この日途中出場で初めての打席へ向かった野間は耳を疑った。

 「僕は知らなかったです。(打席で)笑いそうになった。誠也が関係者にこっそり頼んでいたみたいです」

 野間の本来の登場曲は「飲ま飲まイェイ~」。2004年にヒットしたモルドバ出身の男性グループ・O-Zone(オゾン)の「恋のマイアヒ」だったはずが…。

 鈴木が球団関係者に依頼し、自身のお気に入りで登場曲にもしている男性ラッパー・MARINAの「Jawaiian Life」にこっそりと変更。ポカーンとする野間とは対照的に球場は盛り上がった。

 野間はこの後、中日・福から左前打。球場がお祭り騒ぎになり、テレビで観戦していた鈴木は「感動しました」と口にしたという。

 野間は鈴木の1歳上で、プライベートでも仲が良い。昨年12月のオフのイベントでは自家用車に鈴木を乗せ、広島から山口へ一緒に移動するほど。今シーズンは本拠地のヒーローインタビュー時にバケツの水をかけるパフォーマンスを一緒にやっている。

 2015年ドラフト1位で入団。今季は主に代走や守備固めで77試合に出場している野間に、高ヘッドコーチはさらなる成長を期待している。

 「足が速くて守備範囲も広い。守備固め、代走でチームに貢献してくれている。あとは打撃だよね」

 シーズン後半に長期離脱が決定的となった鈴木について、野間は「(本人が)悔しいはず。みんなで頑張っていきたいです」と闘志を燃やした。鈴木から受け継いだ登場曲をパワーに変え、グラウンドで大暴れする。(柏村翔)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 【球界ここだけの話(1010)】戦線離脱の広島・鈴木が仕掛けたドッキリ 3年目・野間は耳を疑うも本拠地はお祭り騒ぎに