2017.8.22 13:00

【球界ここだけの話(1005)】巨人・山口俊の一番の問題は報告を怠った点 個人で犯した罪だが影響は個人レベルを超えていた

【球界ここだけの話(1005)】

巨人・山口俊の一番の問題は報告を怠った点 個人で犯した罪だが影響は個人レベルを超えていた

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
20日にジャイアンツ球場で練習を再開した山口俊

20日にジャイアンツ球場で練習を再開した山口俊【拡大】

 警視庁に傷害と器物損壊の疑いで書類送検された巨人・山口俊投手(30)が、川崎市のジャイアンツ球場で20日に練習を再開した。球団からの処分は今季終了までの出場停止、罰金、減俸を合わせて1億円を超える制裁金。謝罪会見では「私の軽率な行動により、多くのプロ野球ファンの気持ちを裏切る形になり、誠に反省している。今後、社会人として自分自身を律して参ります」と頭を下げた。

 一番の問題はトラブル後に球団への報告を怠った点にあった。球団は野球賭博問題後、コンプライアンス(法令遵守)の強化に努める中での事態に、石井球団社長は「どんな些細(ささい)なことでも(球団に)一報を入れることを徹底したつもり。それが履行されなかったことが大きな部分を占める」と悔やんだ。

 泥酔による暴行トラブルという個人が原因で犯した罪だが、与えた影響は個人のレベルを超えていた。同社長は「紀律委員会を設けて若い選手の指導を進めてきたが、中堅、ベテラン選手の生活ぶりについても、必要であれば指導しなければならない。そのための仕組み作りを進めている」と話した。

 処分発表後、ファンからは処分が甘いとの声も上がった。老川オーナーはファンの声に理解を示した上で厳罰を強調した。「来季はやらせるということで、前からの契約をそのまま生かすということではない。言ってみれば執行猶予みたいな、そういう性格の処分。具体的なことは個人の契約に関する話だから申し上げていないが、そんなに甘い契約をしたわけじゃない」と同オーナー。失った信頼を取り戻すのは並大抵のことではない。(長崎右)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(1005)】巨人・山口俊の一番の問題は報告を怠った点 個人で犯した罪だが影響は個人レベルを超えていた