2017.8.14 05:00

【小川SDチェック】天理・神野はリストの強さ光る!メンタルも二重丸

【小川SDチェック】

天理・神野はリストの強さ光る!メンタルも二重丸

 第99回全国高校野球選手権大会第6日第1試合(大垣日大0-6天理、13日、甲子園)天理・神野太樹外野手(3年)が二、四回と2打席連続本塁打を打った。進学希望と聞いたが、2本ともリストの強さやパワーを感じた。地元では「天理のバレンティン」とまでいわれているそうで、注目される甲子園ではメンタルの強さを発揮した。

 今大会は、飛距離が出る本塁打が多い。バックスクリーン付近や、外野席中段まで飛ぶアーチもあった。神野と同じ右打者の二松学舎大付・永井敦士外野手(3年)は5打数5安打。2打席目はしっかりしたスイングで4番らしい打球を放った。次戦では本塁打が期待される。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【小川SDチェック】天理・神野はリストの強さ光る!メンタルも二重丸