2017.8.14 05:03(1/3ページ)

本家に負けじ!“天理のバレ”神野、2打席連発で圧勝発進「でき過ぎ」

本家に負けじ!“天理のバレ”神野、2打席連発で圧勝発進「でき過ぎ」

四回、2打席連発となる左越え本塁打を放った神野(撮影・須谷友郁)

四回、2打席連発となる左越え本塁打を放った神野(撮影・須谷友郁)【拡大】

 第99回全国高校野球選手権大会第6日(13日、甲子園)2回戦4試合が行われ、天理(奈良)は、4番・神野太樹外野手(3年)の2打席連続本塁打などで大垣日大(岐阜)に6-0で快勝した。三本松(香川)は主将の渡辺裕貴捕手(3年)の本塁打などで小刻みに加点し、下関国際(山口)を9-4で下して甲子園初勝利を飾った。明豊(大分)は7-6で坂井(福井)に競り勝った。二松学舎大付(東東京)は19安打の猛攻で明桜(秋田)に14-2で大勝した。

【続きを読む】

  • 本物のバレンティン。腕を伸ばした大きなフォロースイングはたしかに似ている(撮影・加藤圭祐)
  • 4回、本塁打を放つ天理・神野=甲子園球場(佐藤徳昭撮影)
  • 4回、本塁打を放つ天理・神野=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 4回、本塁打を放つ天理・神野=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 2回、本塁打を放ちガッツポーズでホームインする天理・神野=甲子園球場(撮影・須谷友郁)
  • 2回、本塁打を放ちガッツポーズの天理・神野=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 2回、本塁打を放つ天理・神野=甲子園球場(佐藤徳昭撮影)
  • 5回、適時三塁打を放つ天理・杉下=甲子園球場(撮影・須谷友郁)
  • 4回、森本の適時打で生還する天理・城下=甲子園球場(撮影・須谷友郁)
  • 4回、二塁打を放ちヘッドスライディングをする天理・城下=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 先発の天理・坂根=甲子園球場(水島啓輔撮影)
  • 投球する天理・坂根=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 本家に負けじ!“天理のバレ”神野、2打席連発で圧勝発進「でき過ぎ」