2017.8.13 18:44

坂井・川村監督、再編後初勝利ならず「失策からの失点はどうしても悔い残る」

坂井・川村監督、再編後初勝利ならず「失策からの失点はどうしても悔い残る」

投球する坂井・吉川大翔=甲子園球場(水島啓輔撮影)

投球する坂井・吉川大翔=甲子園球場(水島啓輔撮影)【拡大】

 第99回全国高校野球選手権大会第6日第4試合(明豊7-6坂井、13日、甲子園)坂井は学校再編後、初出場で初勝利とはならなかった。八回に相手のミスに乗じて2点を勝ち越し、初めてリードしたが、直後に守備の乱れや本塁打などで逆転を許した。川村監督は「失策からの失点はどうしても悔いが残る」とやり切れない表情だった。

 エース左腕の吉川は15安打7失点で完投。八回は外角に外そうとした球が甘く入って逆転弾とされ「怖さもあって甘くなった。通用しなかった」とうなだれた。

坂井・川村監督「何とかうちのリズムに持っていけたが、予想以上に相手の打線が素晴らしかった」

坂井・吉田遊撃手(主将。逆転された八回に悪送球)「僕のエラーから打たれて、(勝ち越した)気の緩みが出た。足がつってしまって力任せで投げてしまった」

坂井・山内三塁手(六回の同点打など2安打2打点)「初球の変化球を狙った。僕が打たないと負けると、強い気持ちで打った」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 4回、二塁打を放つ坂井・軽部裕樹=甲子園球場(撮影・二星昭子)
  • 6回、坂井・山内が左前に2点打を放ち二塁を狙う=甲子園
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 坂井・川村監督、再編後初勝利ならず「失策からの失点はどうしても悔い残る」