2017.8.13 05:00

【小川SDチェック】北海・阪口皓亮はこの夏、もう一度見たかった投手

【小川SDチェック】

北海・阪口皓亮はこの夏、もう一度見たかった投手

北海先発の阪口皓亮=甲子園球場(水島啓輔撮影)

北海先発の阪口皓亮=甲子園球場(水島啓輔撮影)【拡大】

 第99回全国高校野球選手権大会第5日第3試合(北海4-5神戸国際大付、12日、甲子園)神戸国際大付戦に先発した北海の右腕・阪口皓亮投手(3年)のバランスのよさに目を奪われた。球場表示で148キロという直球のスピードはもちろん、1メートル86、80キロと恵まれた体からの角度があるボールは魅力。柔らかなテークバックで、真上からコンパクトに投げ下ろすような右腕の使い方もいい。

 担当スカウトが見た南北海道大会では、ストライクが入らずに苦しんだり、制球を重視するあまり球速がもう一つだったというが、甲子園のマウンドで一番の投球ができるのも実力だ。

 走り方もいい。早い回に降板してチームも敗れたが、この夏もう一度見たかった、一番の投手だ。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【小川SDチェック】北海・阪口皓亮はこの夏、もう一度見たかった投手